レストラン

RECOMMEND INFORMATIONおすすめ情報

【9月~11月】伊勢志摩自然の恵みをTAKUMIで奏でる〜イタリアン〜

2019.9.9TAKUMI イタリアン

2019年9月2日(月)~11月10日(日)の期間は、三重県・伊勢志摩地方の食材や名産品をふんだんに取り入れた
『伊勢志摩自然の恵みをTAKUMIで奏でる〜イタリアン〜』を販売いたします。
伊勢志摩は、リアス式の入り組んだ地形を持つ伊勢湾で秀でた漁港としても名高く、
伊勢神宮のお膝元でもあることで古くから豊かな食文化が形成された、食材や名産品の宝庫。
そんな伊勢志摩の美味しい料理を存分に味わっていただけます。

場所
1F /TAKUMI イタリアン
販売価格
Aコース ¥6,000(税金・サービス料別)
Bコース ¥8,000(税金・サービス料別)
Cコース ¥10,000(税金・サービス料別)
伊勢茶(深緑茶房)
三重県の豊かな自然、伝統等地域の特性をいかした生産物のなかから、
特に優れた県産品及びその生産者を三重ブランドとして認定。
伊勢茶はそのひとつ。
全国第三位の茶生産量を誇る、伊勢茶の中でもきらりと光る飯南深蒸し茶。
伊勢まだい
ポリフェノール類を多く含む三重県産海藻・かんきつ・茶葉の粉末をブレンドしたエサを与え育てた銘魚。
良質なタンパク質に加え、生活習慣病を予防する不飽和脂肪酸をはじめ、
ビタミンC・D・E・B1、パントテン酸が多く含まれ、新鮮で臭みや脂肪が少ないのが特長。
マイヤーレモン
レモンとオレンジの自然交雑でできたレモンで、
まろやかな酸味と、フルーティーな後味が特徴的。
皮が薄くて香り高く、それでいて果汁が多いため、人気の品種となっている。
ただし国産のマイヤーレモンは非常に数が少なく、目にする機会はなかなかない。
別名「皮まで食べられるレモン」と呼ばれている。
きんこ芋
志摩地方で古くより作られてきたほしいも「きんこ」は海女や漁師のミネラル源として親しまれてきた。
「きんこ」という呼び名は干しナマコ「金ん子」(漁村ならではの一風変わった呼び名)からきている。
さつまいもを煮て・切って・干しあげる
全国でもほとんど残っていない伝統的な干し芋製法を用いている。
まるで和菓子を食べているかのような濃厚な甘みと、
他の干し芋では味わえないもっちりとしたやわらかさが特徴。
砂糖や甘味料は一切加えておらず、
さつまいも本来の甘さを大切にして完全無添加で製造。

プラン一覧に戻る

トップ レストラン トップ レストラン おすすめ情報 【9月~11月】伊勢志摩自然の恵みをTAKUMIで奏でる〜イタリアン〜

<トップへ戻る